保育士資格 基本情報 試験 面接 求人募集 通信教育 保育士についての情報お届けします




保育士資格 基本情報

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

保育士 試験 合格率が低いのはなぜ... 

保育士 試験 合格率が低いのはなぜ...

資格試験には1年間ですべての科目を合格しなければならない場合と、そうでない場合があります。

保育士の試験に場合は1年間ですべての科目を合格しなければならないわけではありません。(3年間有効になるので3年間以内に全て合格できると良いのです)

ちなみに保育士試験は試験科目の合計点ではなく、1つ1つの科目に合格点が決められています。

保育士試験の合格率が低いのは、これらすべての科目で合格しないと保育士の資格を取ることができないからなのです。

保育士 試験の具体的な筆記試験の問題は、マークシート方式となっており、6割以上の得点を取ることができれば合格となっています。

また実技試験は、筆記試験の合格者のみしか受験できません。

保育士 試験 合格率

*1年で全科目合格する方は5%程度

PR:メドフィット 評判メディカルキュービック 評判ナースパワー人材センター 評判ナースコンシェルジュ 評判ナースジョブ 評判


[ 2013/09/17 20:40 ] 保育士 試験 合格率 | トラックバック(-) | コメント(-)

北海道 札幌 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。